本日 44 人 - 昨日 181 人 - 累計 126133 人 ショッピングカート サイトマップ

バクテリアセラピーによるアレルギー治療

2015年12月09日
バクテリアセラピーによるアレルギー治療

 現在の医療は残念ながらそのほとんどが対症療法です。対症療法は頭が痛いから鎮痛剤を出す、あるいは眠れないから入眠薬や睡眠薬を出す、といった症状を原因に関係なく抑えるための治療です。

 これに対して、原因除去療法とは病気の原因そのものを治療する方法です。例えば、2型糖尿病の原因が、糖分やカロリーの過量摂取による肥満が原因であれば、その原因除去療法は、食事療法や運動療法がこれに当たります。

 ところが難しいのは免疫その物に問題がある場合です。アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性鼻炎、また癌などもそうです。

 話は少し飛びますが、原因除去療法は健康保険による治療ではできません。これは、法律上「療養に対する給付」という制限があり、病気になってからそれを治療するので、病気の予防や発症する前に原因除去をすることは保険給付が認められていないのです。人間ドックなどがその例ですよね。

 つまり、国民は健康保険での治療に慣れ過ぎて、原因除去療法という概念が無くなってしまっているのです。医者に行けば、なにかしてもらえる、なにか薬をもらえる、という環境になってしまいました。

 本当は原因除去が遥かに大切です。

 その中で、これだけ医学が発達して、経済的に豊かになって、公衆衛生も向上して清潔になっているのに増加している病気があります。逆い言えば、発展途上国ではめったに見られない病気です。

 それが、アレルギーなどの免疫異常、糖尿病、うつ病などです。現代の日本ではこれらは健康保険では全て対症療法です。だから、治らないのです。

 これらに対する原因除去療法で効果的なのが腸内フローラの改善です。良好な腸内フローラであれば、これらの疾患が殆ど起きないどころか抑制もできるからです。

 実は、腸内フローラの悪化は、インスタント食品や食品添加物、糖類の過量摂取が原因なのです。腸内細菌のエサは、我々が食べている食物そのものですから。つまり、コンビニやスーパーなどで便利で衛生的になった食生活の代償が、これらの疾患の真の原因なのです。

 そのためには、腸内フローラの改善である、プロバイオティクスセラピーが必要です。

画像

この図は、プロバイオティクスセラピーでアトピー性皮膚炎を治療した結果です。腸内細菌とアレルギーは実は密接な関係なのです。

 少し専門的になりますが、L.ロイテリ菌の摂取は、小腸のなかのCD4陽性T細胞の数を増加させ、集合体化したCD4陽性T細胞を増加させます。CD4陽性T細胞は重要な役割を持つ細胞であり、抗原と腸上皮の病原体に対する正常反応を制御するからです。

 誠敬会クリニックでは、きちんと糞便検査を行い、腸内フローラを調べて必要に応じて悪玉菌を抗生物質で除菌し、その上で腸内フローラを改善しやすい経口摂取する培地を飲んでいただき、さらに善玉菌であるL.ロイテリ菌を摂取するプロバイオティクスセラピーをおこなっています。

腸内フローラと食育に関するセミナーを行います。

2015年10月22日
誠敬会クリニックの会長吉野と食育のプロ山本敏幸先生がお送りする夢のクリスマス・ジョイントセミナーのご案内です。

【食育と腸内環境で健康を人生を変える!!】
画像

 かつて早死の原因は、栄養不良 貧困 戦争などでした。しかし現在の早死、肥満やうつ病などの原因の多くが食事と腸内細菌に原因があることが分かってきたのです(※国際共同プロジェクト「世界疾病負担」1990~2013年188ヶ国で実施)。現在地球上の死亡原因の21%は、良質の野菜や果物の不足、赤身肉や糖分、不良な塩分の過量摂取、睡眠習慣や入浴習慣等であることがわかったのです!
  今回のセミナーでは、食育のプロ山本敏幸先生と、腸内細菌と全身と口腔の関わりのプロである吉野敏明先生の夢のジョイントセミナーで、心と体の健康、がんなど難治性の病気を治すための方法について分かり易く講演します!

開場12:30 開演13:00
第一部 山本敏幸先生講演
第二部 吉野敏明先生講演
第三部 パネルディスカッション
終 了 17:15
懇親会 17:30(予定)
■VIPシート 16席限定 20,000円 健康食材懇親会付
       演者サイン入り著書、DVDプレゼント
■Aシート  78席10,000円(前方)健康食材懇親会付き
■Bシート  78席 5,000円(後方)食事なし
■車いす 2席 10,000円(最前列)健康懇親会付き
   (食事不要の場合は4,000円引)

お申込みは、下記のいずれかでおねがいします。

①下記アドレスより、お名前・ご希望シート・メールアドレス等を記載のうえ、Webよりお申込みください。
食育&腸内環境改善セミナー申込み

②当診療所のFacebookページ(下記をクリック)し、このページより申込書をダウンロードしてFAXください。
https://www.facebook.com/events/833337783430362/

西洋医学が治せない病気を腸内フローラの改善で治す

2015年10月09日
 今話題の腸内フローラと、これを改善するためのプロバイオティクス。 

 腸内細菌の働きには、5つの作用があることが知られています。

 ①腸内細菌は病原体を排除するように働く

 ②人間は食物繊維を消化できませんが、腸内細菌がそれを消化してくれる

 ③ビタミンB2、B6、B12、K、葉酸、パントテン酸、ビオチンなど、ひとが作れない栄養素をつくってくれる

 ④幸せ物質であるドーパミンやセロトニンを合成し、その前駆体を脳に送る

 ⑤免疫力のおよそ70%が腸内細菌と腸粘膜細胞との共同作業で作られている

画像
 難治性の下痢や便秘、過敏性腸症候群など消化器治療薬と向精神薬などで治療してもなかなか治らない患者さんが、実は腸内フローラが悪く、善玉の細菌を補充するプロバイオティクスセラピーによって改善する症例が相次いでいます。

 実は、腸が原因とされる病気が、脳から心臓、そして関節まであらゆる部位に及ぶとされているのは、この①~⑤ような腸内細菌の働きがあるからなのです。

 うつ病の人に、健常な人の便を移植し、腸内フローラを変えることでうつ病が治る、との研究報告すらあるくらいなのです。

 まさに腸の不調、つまり腸内フローラのバランスを崩すと、万病を引き起こすというわけです。

 逆に「腸内フローラ」のバランスを整え、腸を健全にすれば病気を予防し、健康になり、寿命を延ばすことができるのです。

 誠敬会クリニックでは、腸内フローラの検査ができる、数少ないクリニックです。

(吉野敏明 筆)

「病気になりやすい人」の特徴と前兆

2015年10月08日
 元女子プロレスラーの北斗晶さんが乳がんになり、その後リンパ節転移と5年生存率50%という衝撃のニュースがありました。「うつ伏せになって床に転がったときに、右胸がチクっとしたのです。」前兆はあったのです。12人に1人が乳がんになると日本女性では言われています。がんや生活習慣病になりやすい人の特徴やその前兆はあるのでしょうか?
画像

①身長の高い男性は悪性リンパ腫にかかりやすい
国立がん研究センターが行った'90年から16年間にわたって、40~59歳の男女約1万5000人を追跡調査した結果によると、身長の高いグループが悪性リンパ腫になるリスクは、低いグループの1.38倍とのこと。ただし、これは男性のみに見られる傾向で女性ではないそうです。

②女性では背の高い人ほどがんになりやすい
これは、オックスフォード大学の研究者が1996年から5年かけてイギリス人女性130万人を対象に行った調査です。新潮が152.5cm以上の女性は10cm背が高くなるにつれてがんの発症リスクが16%ずつ高くなります。たとえば、175cmの女性は、152.5cmの女性よりも、がんになる危険性が1.37倍高いというのです。がんの種類によって若干異なるそうですが、10cm高くなるごとに大腸がん1.25倍、乳がん1.17倍、子宮頸がん1.19倍、腎臓がん1.29倍、白血病1.26倍などという具合に、それぞれのリスクが英国人女性では高まるそうです。

③身長の低い人のほうが脳卒中になりやすい
一方、同じく国立がん研究センターがんセンターの調査では、身長が低いグループの脳卒中発症リスクは、身長が高いグループの1.6倍もあることが判明した。

④離婚して再婚しない男性は短命
 カリフォルニア大学リバーサイド校のハワード・S・フリードマン博士の調査によると、離婚して再婚しなかった男性は短命で、その65%以上が70歳前に死亡しています。さらに妻と死別した男性の場合、そのほとんどが数年後に死亡しているのです。ちなみに、女性は夫に先立たれても寿命に影響はみられないそうです。女性のほうが強い様です。

⑤夫に加え、子どもや親と暮らしている女性は心筋梗塞など虚血性心疾患の発症リスクが高い
 これもがんセンターの研究データです。夫婦二人暮らしの女性とくらべて、夫と子どもと暮らしている女性は虚血性心疾患のリスクが2.1倍に、さらに夫の親と同居した場合、そのリスクは3倍になるそうです。これは子育てと同時に親の同居というストレスが原因ではと考えられています。舅や姑だったらストレスはいっそう強まるでしょう。ストレスは心臓を養う冠動脈の動脈硬化を進め、心臓の負荷を増大させるので心筋梗塞の原因となります。

⑥テレビを見すぎると寿命が縮まる
オーストラリアのベーカーIDI心臓糖尿病研究所の研究では、男女8800人の8年間にわたった調査により、テレビを見すぎると寿命が縮まるという研究結果を発表しています。
 1日の視聴時間が1時間増えるごとに、死亡リスク全体が11%増加し、なかでも心血管疾患による死亡のリスクは18%、がんのリスクも9%増加することが判明しました。さらに1日4時間以上テレビを見ている人は、2時間未満の人に比べて心血管疾患による死亡リスクが80%増大するのです。
 みなさん、当てはまることはあるでしょうか?リスクが高いということと、絶対に発症することとは違います。

 病気には前兆があると同時に、自分が「どのような病気になりやすいかのか?」を知っておくことがリスクと同時に大切なのです。

死に至る病気には前兆がある!病気になってから病院に行くのではなく病気にならないために病院に行く!

2015年10月07日
 30代、40代のビジネスマン、ビジネスパーソンは働き盛りだからこそ、病気や体の変調を軽視しがち。下手をすると、無視したり、強引な言い訳で病気でなくています。
画像
 「自分は違う」「まだ大丈夫」こそが、知らず知らずのうちに死に至る病気を進行させてしましまうのです。

 たとえば、血圧が高くて放置する人、排便時に紙に血がついても痔だろうと放置するひと、コレステロール値が高くても何ともない自慢をする人、忙しいが口癖で40代でも全く検査しない人…。

 わたしの知人で40代の女性で排便時に血が出るのは切れ痔とおもって放置していた方がいます。忙しいが口癖で、半年放置していました。検査をしたところ、末期の直腸がんでした。しかも、甘いものが大好きでした。

 甘いものが好きでも、虫歯にならない、糖尿病にもならない。わたしは甘い物を食べ続けても大丈夫な人!という自信があったのです。

 このブログでも繰り返しお話していますが、がんのエサは甘い物、つまりブドウ糖の過量摂取が原因の一つです。

 また、夜のどが渇いて、冷たい水やジュース、いま流行りの炭酸水を飲んでいる人は要注意!40代は老眼が出始めますから、目がかすんでいるのも老眼のせいにしてしまいます。

 実は、喉の渇きと目のかすみは糖尿病の前兆なのです!

 顔色も大事です。

 顔が白いのは貧血、青いのは自律神経失調症やうつ病の前兆、目の下のクマは肝硬変、目が黄色いのは肝硬変など、顔色一つでも化粧で隠したりしていると大きな病気の前兆が分からなくなってしまいます。

 さらに、二の腕が痛いと肺がんの前兆、首に赤いアザが出来るのも肝硬変の前兆です。

 打撲などの物理的な要因がないにも関わらず、身体の一部に「しこり」や「こぶ」などが生じた場合、外科を受診しましょう。女性ですと、わきの下にしこりがあると乳がんということは浸透していますが、しこりが癌の可能性は否定できません。

 肩の痛みや凝りがつづいていて、腕を動かしたり姿勢を変えると痛みが強くなる場合、心筋梗塞の前兆または既に発症している可能性もあるのです。

 痛く無い、とか食欲があるから、というは関係ありません。

 よく、「がん保険にはいっているから大丈夫」「三大疾病の保険にはいっているから」などという人もいらっしゃいます。

 ここで重要なのは、がん保険がカバーしているのはあくまで治療費であり、休業補償や、大きな病気で退職したあとの家計などは全く考慮されていないことです。

 大事なのは治療費でなくて生活費です。生活できなければ治療もできないのです。

 これからは、病気になってから病院に行くのではなく、病気にならないために病院に行くのがトレンドです。

(吉野敏明 筆)

次の5件 >>