本日 48 人 - 昨日 230 人 - 累計 186093 人

誠敬会クリニックの腸内フローラ検査

 誠敬会クリニックでは、今話題の腸内フローラを検査することが出来ます。細菌の検査だけでなく、免疫物質のIgAも測定でき、総合的な腸の検査が可能です。
腸内フローラNHK資料

 グラフの1番下の青の部分がビフィズス菌群、その上の黄色の部分が乳酸菌群で、この2つの部分が善玉菌です。さらにその上の緑の部分がバクテロイデス群でいわゆる日和見菌、さらにその上のオレンジ、ピンク、紫、赤の部分がクロストリジウム群(ウェルシュ菌、ボツリヌス菌等)の悪玉菌です。

 たとえば、患者Bさんは善玉菌の量は多いのですが、圧倒的にIgAが少なく、腸表面の粘膜層に善玉菌が常在していない可能性が問題です。免疫細胞の量を増やすためのプロバイオティクス処方が有効な可能性があります。

 一方、患者Aさんは善玉菌が少なくいものの、免疫物質であるIgAの値は高いので、高い割合の日和見菌のを食事療法などで活性化させて、善玉菌を増やす。もちろん、プロバイオティクスも善玉菌を増やす目的で有効です。

(吉野敏明 筆)


関連記事
我々は腸内細菌と一体となって一つの生命体 (09月01日)
誠敬会クリニックの腸内フローラ検査 (09月02日)
プロバイオティクスセラピーの術前術後 (09月10日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..