本日 69 人 - 昨日 181 人 - 累計 126158 人 ショッピングカート サイトマップ

血液は3か月で入れ替わる(がんの食事療法)②

 わたし(誠敬会クリニック会長 吉野敏明)の親友であり、師匠でもあるヒマラヤ登山家の小西浩文さんという方がいます。
画像

 この方は、「無酸素登頂」といって、酸素ボンベなしで8000m級のエベレストなどの山を13座中6座を制した、日本記録保持者であり、冒険家であると同時に危機管理のスペシャリストでもあります。8000mは“Death Zone”と言われ、酸素も気圧の三分の一以下、気温は冬では南極より寒い冷夏80度を下回り、風速はマッハにもなる、微生物も含め生物が長期生存できない、正に死の地帯であります。

 小西さんは、この壮絶な環境下においても、酸素ボンベなしで登頂をし、そして「生きて五体満足で帰ってくる」をテーマに登山をして、現在も元気で居られます。その小西さんのご著書のなかで、「酸素が無い、をお金が無いに例えれば…」というくだりがあります。つまり、お金が無いことを言い訳にしないで、なんとか生き抜いて行く、という例えなのです。

 わたしは、これと同じことが、がん治療にも言えると信じています。というのも、このような仕事をしていると、かんの患者さまが「絶対に生きる」という信念をもって治療に取り組むと、かなり進行したがんの方でも奇跡の生還に近い現象をみることがあるからです。

 事実、小西さんもがんを二回しかもステージ4を患って、奇跡の生還をしたからです。

 この様な事例は、医師であるわたしがいいうのも少し変ですが、「医者の施術に頼らないで治す」ことを決断した方が殆どだからです。

 つまり、3大療法を決して拒絶するのでなく、これらを受け入れた上で、さらに患者さんご自身の食習慣、睡眠習慣、価値観や性格まで変える決断をした人達なのです。

 ここに、がんの食事療法を含む生活習慣療法が関わってくるからです。

 前回のブログでも述べたように、血液は200日でリンパ球も含め生れ変ります。しかし、喫煙や飲酒、糖分の過量摂取やトランス脂肪酸の過量摂取などをそのままにしていれば、200日経っても同じ悪さをする細胞しか生れ変りません。

 ここで前回のおさらいと続きです。白血球は3~5日、赤血球は最大200日で入れ替わる、としました。

 そこで、他の臓器です。

 ・胃全体…5~7日

 ・食道・唇・口腔粘膜…約4~15日

 ・腸…2週間

 ・心臓…3週間

 ・皮膚細胞…4週間

 ・骨髄細胞…4週間

 ・肝臓…約2-3週間(90%が入れ替わり、残りの10%は300日)

 ・筋肉…2ヶ月

 ・骨…3ヶ月~1年

 つまり、正常で健康な臓器を作りだそうとしたら、その原料は食べ物と酸素しかないわけです。減量が汚染されて至り、間違えた原料が来たら正常な細胞は出来ませんし、それを育むこともできません。

 上の表をみれば、どうやら最初の1ヶ月が一区切り、次は3か月で人間の体はよい細胞に入れ替えることが出来そうです。

 冒頭で話した、小西さんも当然食べ物には気を使ています。実際、ヒマラヤ登山後は肉体は相当疲労して壊れますが、50歳を迎えた小西さんでもやはり3か月程度で修復できるのです。

 小西さんは超人ですが、でも人間です。治療として、普段からの肉体の作り方、修復の仕方は小西さんから学ぶところ大だとおもいます。

(吉野敏明 筆)


関連記事
血液は3か月で入れ替わる(がんの食事療法)① (09月21日)
血液は3か月で入れ替わる(がんの食事療法)② (09月23日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..