本日 86 人 - 昨日 132 人 - 累計 136237 人 ショッピングカート サイトマップ

西洋医学が治せない病気を腸内フローラの改善で治す

 今話題の腸内フローラと、これを改善するためのプロバイオティクス。 

 腸内細菌の働きには、5つの作用があることが知られています。

 ①腸内細菌は病原体を排除するように働く

 ②人間は食物繊維を消化できませんが、腸内細菌がそれを消化してくれる

 ③ビタミンB2、B6、B12、K、葉酸、パントテン酸、ビオチンなど、ひとが作れない栄養素をつくってくれる

 ④幸せ物質であるドーパミンやセロトニンを合成し、その前駆体を脳に送る

 ⑤免疫力のおよそ70%が腸内細菌と腸粘膜細胞との共同作業で作られている

画像
 難治性の下痢や便秘、過敏性腸症候群など消化器治療薬と向精神薬などで治療してもなかなか治らない患者さんが、実は腸内フローラが悪く、善玉の細菌を補充するプロバイオティクスセラピーによって改善する症例が相次いでいます。

 実は、腸が原因とされる病気が、脳から心臓、そして関節まであらゆる部位に及ぶとされているのは、この①~⑤ような腸内細菌の働きがあるからなのです。

 うつ病の人に、健常な人の便を移植し、腸内フローラを変えることでうつ病が治る、との研究報告すらあるくらいなのです。

 まさに腸の不調、つまり腸内フローラのバランスを崩すと、万病を引き起こすというわけです。

 逆に「腸内フローラ」のバランスを整え、腸を健全にすれば病気を予防し、健康になり、寿命を延ばすことができるのです。

 誠敬会クリニックでは、腸内フローラの検査ができる、数少ないクリニックです。

(吉野敏明 筆)


関連記事
安くてすぐ手に入る、塩・油・炭水化物は生活習慣病の源 (10月05日)
西洋医学が治せない病気を腸内フローラの改善で治す (10月09日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..