本日 72 人 - 昨日 193 人 - 累計 194073 人

妊娠と歯周病は関係ある!?

 歯周病が全身に影響していること、とくに糖尿病などが強く関与していることは、徐々に国民のみなさまにも知られてきました。

 さて、では妊娠と歯周病はどうなのでしょう?

 妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されています。

 これは口の中の歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染するのではないかといわれています。また、歯周病によりプロすたグランディンなどの局所にサイトカインというホルモン様物質がでて、これも子宮を収縮させたりします。

 歯周病の方が早産低体重児出産をする危険率は実に7倍にものぼるといわれ、タバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高い数字なのです!!

 歯周病は治療可能なだけでなく、予防も十分可能な疾患です。生まれてくる赤ちゃんのために、歯周病予防が必要です。

 妊娠してからでは遅いのです。

 適齢期の女性は、常に歯周病予防が必要です!

お問い合わせ

(吉野敏明 筆)

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..