本日 48 人 - 昨日 230 人 - 累計 186093 人

身近な人がもしうつ病になったら・・・

 もし、家族や友人など身近な人がうつ病になっったとしたら、あなたならどうしたらよいでしょう?

 目の前にいる大切な家族や友人、部下の行動や発言に振り回され、本人はもちろんのこと、周囲の人も混乱してしまうこともあるかもしれません。

 本人の為をおもって、頑張って」と励ましたり、強引に旅行や飲み会に誘ったりするなどの行動に出ることもあるでしょう。

 しかし、うつ病治療において難しいのは、周囲がうつ病の患者さんのためと思って起こす行動や発言が、患者さん本人にとっては更なる精神的負担を強いる場合もあるという点です。

 ここでは、もし部下がうつ病になったら、ということを想定して考えてみましょうl。

 うつ病の発症には、ストレスが大きく関連していると考えられています。現代社会はストレスフルであるだけでなく、変化のスピードも極めて日々早くなっているので、その適応のためにあちこちにストレスの誘因がひそんでいます。
たとえば、新しい仕事のスキルの獲得や部署の移動を命じられたりすると、自分の思っていた期待と異なるために、失望感や無気力感に見舞われることがあります。これをアパシー(無気力)・シンドロームといいます。そして年齢とともに経験するこのような様々な喪失体験が、うつ病発症のきっかけになるのではないかと考えられています。

 原因としては、理想と現実の差にショックを受け、「こんなはずではなかったのに…」と失望することが挙げられています。その失望感から抜け出すきっかけもなく環境や状態が悪化すると、抑うつ状態に陥ってしまうこともあります。
とにかく本人の話をじっくりと聞くことが重要ですが、新入社員では、まだ研修中で配属先も決まっていない場合も多いと考えられます。会社としてメンタルヘルスに関する相談窓口を設けるとともに、それを社員に周知徹底する体制づくりが重要ではないでしょうか?


関連記事
双極性障害と診断されました。双極性障害とはどんな病気でしょう? (03月18日)
身近な人がもしうつ病になったら・・・ (03月25日)
TMS(磁気刺激治療)を用いた、最新のうつ病治療とは? (04月03日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..