本日 147 人 - 昨日 183 人 - 累計 182168 人

優秀な医師の3条件とは?

 みなさん、良い、優秀な医師に治療を受けたいと思いますよね?
では、どのような医師が優秀であるか、というとその基準は曖昧だとおもいます。

 優しい、丁寧、包容力がある…、あるいは見た目がいい、清潔感がある、話し方が説得力がある…。

 たしかにそうだと思います。

 もしも、とっても丁寧で優しく、しかも見た目のいい偏差値の高い大学出身の医師の手術の成功率が80%として、ぶっきらぼうで無愛想ですが、一流では無い大学の出身の先生の手術の成功率は99%だとします。さて、あなたはどちらの手術をうけますか?

 医師にとって、診断を含めた技術は必須です。しかも、高すぎることはありませんから、技術はたかければ高いほど良いのです。

 そして、経験を含む知識もおおければ大いに越したことはありません。若い時は、寝る暇も惜しんで知識を吸収し、沢山の患者さまを診察して経験数や場数をふまなければなりません。

 そして、オペも含め、現場での経験数のなかに、看護師などのコメディカルスタッフとの連携やチーム医療も含まれますので、ぶっきらぼうの嫌われ者では、結果として経験値は上がらないのです。これは、知識も同様です。

 ですから、医師にとって、技術と知識は究極に追い求めなければならないものなのです。これを医術といいます。

 さて、ここからが問題です。本当に技術と知識さえあればいいのでしょうか?もし、微妙に専門外の領域となった場合、自分より当然技術も知識もあるドクターがいたのでしたら、そのドクターに紹介しなければなりません。しかも、そのドクターに繋がるルートである人脈がなければなりません。

 そうです、技術と知識にくわえて、“紹介力”が医師には必要なのです。この紹介力にその医師の人間力が含蓄されているといっても過言ではありません。

 あなたの担当医師には、紹介力はありますか?

(吉野敏明 筆)







そうです、医師にとって技術と知識は極めて大切な条件です。


関連記事
妊娠と歯周病は関係ある!? (03月12日)
優秀な医師の3条件とは? (03月26日)
唾液が少ないと口内が細菌まみれに・・・? (04月11日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..