本日 61 人 - 昨日 154 人 - 累計 167601 人

標準治療の限界と、免疫療法のメリット

 転位したがんや危険ながん(活発に遠隔転移するがん)は、全身性の疾患です。このようながんでは、いわゆる標準治療は不向きです。なぜならば、標準治療の多くは局所療法(外科、放射線、重粒子など)で、全身性疾患の根治は不可能だからです。

 このように、悪性度の高いがん(遠隔転移をする勢いの強いもの)の場合は、全身性疾患と考えらます。最新の重粒子線などの照射による治療であったとしても、局所療法だけでがん制圧するのは、原理的にも無理があります。

 このように、悪性度の高いがんがCTやMRI、PET検査などでがんと診断される程、大きく成長していることが確認された場合、残念ながらその時点で転移が成立している可能性が既に高いことが予測されます。

 健康な人であっても、体のどこかにメスをいれ、そこに放射線を照射したら、免疫力がさがりますよね?

 つまり、がん患者さんは手術により免疫力が低下すると、転移している病巣が成長速度を早め、結果的に患者さんが早く亡くなってしまうこともあるのです。

 また手術で大きな傷を負うと、失われた細胞を補うため、大量の細胞成長因子(サイトカイン)が分泌され、周辺組織の正常細胞に細胞分裂を促します。ところが、悪性度の高いがん細胞は、このサイトカインを受け取るレセプターが大量発現しているので、がん細胞は猛烈と増殖すると考えられます。

 つまり、増殖能力の高いがん細胞が存在する場合、外科でがんを取り除くことによって、結果としてがん細胞の増殖を促す、という矛盾を生じてしますのです。

 一方、放射線療法や、化学療法である抗がん剤は、がん細胞と正常細胞を区別することなく、増殖(細胞分裂)中の細胞の遺伝子にダメージを与えます。ところが、化学療法により、免疫細胞を始めがん細胞より活発に増殖する多くの正常細胞ががん細胞よりも先に打撃を受けてしまいます。放射線療法や化学療法を際限なく続けると、患者さんのある種の正常細胞が先に殺されてしまうのです。

 また、放射線や化学療法は発がん作用もあり、正常細胞ががん化してします可能性もゼロではありません。

 そのため、放射線療法においては、では必ず先に治療で浴びせる合計線量に制限を設け、所定量以上に放射線を浴びせない様にするのです。

 化学療法の場合はMDR(多剤耐性)という、薬剤耐性が出現し、薬が効かなくなる時がきます。別の薬に代えても副作用が増えるだけで、効果は落ち続けます。やがて患者さんの体力、生命力が耐えられなくなり、投与を続けられなくなります。

 一部の白血病などのように、抗がん剤が奏功するものを除き、化学療法は延命を目的に実施されるものであり、治癒は最初から想定されていないのです。

 さらに、化学療法は標準投与量(保険適応量)を守るよりも、投与量を減らしたり、投与間隔を広げる「休眠療法」を適用した方が、患者さんの生存期間が延びることが経験的にしたれています。

 このように、標準治療をおこなうことで、白血球が極端に減少し、感染症に弱くなる、体液の循環が滞り、胸水や腹水が溜まる、睡眠障害や耐え難い疼痛に襲われるという治療によって患者さんの生命を脅かす結果となるのです。がんそのものではなく、標準治療の副作用による合併症が命取りとなります。

 つまり、全身に転移するタイプのがんや、すでに全身に転移しているがんでは、保険適応の治療法ではなす術もないのです。

 このうようながんに、免疫療法は非常に適している治療といえるのです。 

 免疫療法は、患者さんご自身の血液中のがんを駆逐するリンパ球を採血して培養増殖し、これを点滴で患者さんの体に戻す治療です。

 患者さんご自身の細胞ですから、副作用は全くと言っていいほどありません。また、免疫力を低下させることもありません。むしろ、免疫を調整して増加させます。

 血液を介して全身に行き渡りますから、転移した癌やまだ発見されていない転移しているかもしれないがんにも有効です。

 詳しくは、がん免疫療法のQ&Aをご覧ください。
がんの免疫療法Q&A

(吉野敏明 筆)


関連記事
医療法人誠敬会のドクター田中真喜が、日刊スゴい人に掲載されました. (05月17日)
標準治療の限界と、免疫療法のメリット (08月03日)
がん免疫療法は、どのような患者さんの治療に向いているのでしょう? (08月10日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..