本日 85 人 - 昨日 132 人 - 累計 136236 人 ショッピングカート サイトマップ

睡眠時無呼吸症候群Q&A

  1. HOME >
  2. Q&A(癌治療・睡眠時無呼吸症候群 等) >
  3. 睡眠時無呼吸症候群Q&A

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とはどんな病気ですか?
 睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まってしまう病気であり、Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、SAS(サス)とも言われます。
 医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸といいます。寝ている間の無呼吸は、自分で気が付くことはすくないです。ですから、潜在的には多くの睡眠時無呼吸症候群の患者さんが多いと推定されます。
 この病気が危険な病気の理由は、寝ている間に生じる無呼吸によって健康と生命のリスクが起きるのみならず、起きているときの生活にも様々な影響を及ぼすことです。睡眠時無呼吸症候群が原因とみられる死亡例や甚大な事故も報告されています。
もしかして睡眠時無呼吸症候群かもしれません。どのようなタイプの人がなりやすいのですか?
睡眠時無呼吸症候群は、中高年の太った男性がかかる病気というイメージがあります。実際、男性の方が女性より2~3倍SASが多いといわれています。しかし、太っていなくても、痩せていても、女性でもかかる病気です。では、どのような方がSASになりやすいかというと、生活習慣にくわえ、解剖学的な顔や首まわりの形体的が発症に関連します。

①喫煙をしている方。
②飲酒量の多い方、特に寝る前のお酒が習慣化している人
③肥満気味の方。とくに、暴飲暴食をしてしまう方は要注意です。
④高血圧、高脂血症、糖尿病などの疾患のある人。
睡眠時無呼吸症候群になるのは、なぜですか?
 睡眠中に呼吸が止まってしまう原因は大きく分けて2つあります。
①空気の通り道である上気道がなんらかの理由によって物理的に狭くなり、呼吸が止まってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)。
②呼吸中枢の異常による中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)です。
それぞれ、治療がことなります。
睡眠時無呼吸症候群には、どのような治療法があるのですか?
 SASの治療には、酸素を機械で送り込むCPAPという方法に加え、マウスピースを用いる治療法(スリープスプリント)用いる方法、また外科手術による方法があります。
 CPAP(シーパップ)とは、Continuous Positive Airway Pressureのことであり、日本語では”経鼻的持続陽圧呼吸療法”と呼ばれます。CPAP療法とは、CPAP装置からエアチューブを使って鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込み、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというものです。閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。
 一方、マウスピースを使う治療(スリープスプリント)では、下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。スリープスプリント作製においては、睡眠治療に精通した歯科医師と医師の連携が重要です。当診療所では、医師と歯科医師の両者が同時に存在する包括医療によって、高いスリープスプリントの治療結果をえております。すりーぷすプリントは、中等症までの閉塞性睡眠時無呼吸タイプに対しては比較的効果が見られやすい一方で、重症の方の場合には治療効果が不十分とされる報告もあります。CPAPに比べ、簡易的で旅行や外泊などでもできる極めて便利で安楽な治療ですが、重症度をきちんと把握して正しい診断のものとに治療をすることが重要です。