本日 34 人 - 昨日 185 人 - 累計 181364 人

タグ検索

  1. HOME >
  2. タグ検索
『 がん 』の検索結果 ( 22件 )
危険な病気になりやすい人の特徴
「病気になりやすい人」の特徴と前兆
 元女子プロレスラーの北斗晶さんが乳がんになり、その後リンパ節転移と5年生存率50%という衝撃のニュースがありました。「うつ伏せになって床に転がったときに、右胸がチクっとしたのです。」前兆は・・・ [2015年10月08日]
xf3645156306x
がん患者さんに最も適した果物、アボカド
 このブログでは、がんの食餌療法として、中鎖脂肪酸ケトン食療法や地中海食の話をしてきました。  がんに、ブドウ糖は大敵です。それは、がん細胞が通常の細胞よりもブドウ糖活性が6~7倍も高・・・ [2015年10月03日]
376952_100496943431499_220612196_n
血液は3か月で入れ替わる(がんの食事療法)②
 わたし(誠敬会クリニック会長 吉野敏明)の親友であり、師匠でもあるヒマラヤ登山家の小西浩文さんという方がいます。  この方は、「無酸素登頂」といって、酸素ボンベなしで8000m級のエベレ・・・ [2015年09月23日]
10743736_blog
血液は3か月で入れ替わる(がんの食事療法)①
 このブログで、中鎖脂肪酸ケトン食療法や、絶塩療法などのがんの食事療法について述べてきました。  さて、ここで原点に帰って考えてみましょう。がんはエボラ出血熱、AIDS、新型インフルエンザ・・・ [2015年09月21日]
がんの診断とは?TMN分類
 日本のがん罹患者すうは、なんと150万人。人口1億2千万人からすると、単純計算では1.25%の方、つまり100人に一人以上ががんになっている計算です。  そのうち、年間の死亡者数は36.4万人(2013年)で、1981年から本邦の死亡原因の第一位・・・ [2015年09月19日]
_20150911_155946
副作用の殆どない、がんのサプリメント-アルテミシニンの抗がん活性(Artemix)-
 がん細胞は、正常な細胞にくらべ、鉄を多く取り込みます。  そのまえに、『トランスフェリン』というものについて説明します。トランスフェリンとは、血液の中の血漿に含まれるタンパク質の一種・・・ [2015年09月11日]
がんの遺伝子治療、p53遺伝子導入治療②
【がんp53遺伝子治療まえの、血清p53抗体測定について】 がんでは、p53遺伝子の異常により、がんが発生することは前回のブログで述べました。  前回の復習になりますが、抑制遺伝子としてp53遺伝子は重要な働きをしています。即ち、遺伝・・・ [2015年09月09日]
がんの遺伝子治療、p53遺伝子導入治療②
【がんp53遺伝子治療まえの、血清p53抗体測定について】 がんでは、p53遺伝子の異常により、がんが発生することは前回のブログで述べました。  前回の復習になりますが、抑制遺伝子としてp53遺伝子は重要な働きをしています。即ち、遺伝・・・ [2015年09月09日]
エンドスタチン遺伝子導入による、がん治療とは?①
エンドスタチン遺伝子導入によるがん治療の前に、「虚血」について説明します。  虚血とは、血管の狭窄(血管が狭くなること)や閉塞(血管が詰まってしまうこと)によって血流が減少した状態のことです。たとえば、心筋梗塞や脳梗塞などが・・・ [2015年09月08日]
がんの遺伝子治療
 このブログで何度もお話しているように、毎日だれでも約5,000個のがん細胞が発生していると言われています。これら異常細胞を体の免疫を担う、リンパ球系の細胞がこれらを攻撃していることも何度もお伝えしています。これを応用したものが、が・・・ [2015年08月17日]
体温が下がると癌になりやすくなります(新連載シリーズ①)
 免疫力である、白血球の働きは体温の高低に影響されます。これは、感染症である風邪や肺炎に罹患すると熱がでるのはその為です。つまり、発熱によって白血球の免疫力をあげ、また原因であるウィルスを排除するためです。  ウィルスは、体・・・ [2015年08月12日]
がん免疫療法は、どのような患者さんの治療に向いているのでしょう?
 がん免疫療法は、どんな患者さんの治療に向いているのでしょうか、というご質問をうけます。  もちろん、既にがんを罹患しているひとはもちろんですが、既にがん治療をうけて検診をしているかた、あるいは何らかしらのがん家系の方、など・・・ [2015年08月10日]
がん温熱療法
がんの温熱療法とは?
がんの温熱療法とは?  がん組織や細胞は、正常組織や細胞に比べ熱に弱いことが照明されています。がん組織は42.5℃以上の温度で死滅してしまいます。正常組織は42~44℃では影響を受けないのです。・・・ [2015年08月07日]
がん免疫療法の歴史
がんの免疫療法の歴史 その①非特異的(連載シリーズ)
がんの免疫療法の歴史とは?  がんの免疫療法は、古くは丸山ワクチンなどがこれに当たります。後で述べますが、丸山ワクチンは1945年ごろよりできた、免疫を強くする(賦活)治療薬です。免疫療法・・・ [2015年08月06日]
標準治療の限界と、免疫療法のメリット
 転位したがんや危険ながん(活発に遠隔転移するがん)は、全身性の疾患です。このようながんでは、いわゆる標準治療は不向きです。なぜならば、標準治療の多くは局所療法(外科、放射線、重粒子など)で、全身性疾患の根治は不可能だからです・・・ [2015年08月03日]
地中海食とがんの関係
 医食同源という言葉があります。  毎日の食事自体が、病気を抑制または治療し、時として食事自体が病気をつくることです。  ところで、みなさん地中海食をしっていますか?  地中海食とは、野菜・豆類・果物・シリアルを多く摂取・・・ [2015年07月21日]
Velscope
死亡率の高い、口腔頸部のがんの早期発見が、血液、唾液の検査で頭頸部が可能に
誠敬会クリニックでは、口腔頸部のがんの早期発見に力をいれています。 口腔内は、直接見える臓器とはいえ、肉眼だけでは発見しにくいこともあります。専門家でも肉眼では67%程度の発見率といわれて・・・ [2015年07月11日]
緩和ケア病棟神奈川県
がんの緩和ケアとは?
 治療できるがんに対しては、いわゆる3大療法である手術・放射線治療・化学療法(抗がん剤)、また免疫療法などの補完代替療法などが時として組み合わされて行われます。しかし、これらの治療が既に・・・ [2015年05月04日]
乳がんは肥満と関係が深いことをみなさんしっていますか?
 国立がん研究センターがん予防・検診研究センターにおける、18万人を超えるコホート研究では、女性の肥満は閉経前後のいずれでも乳癌リスクになることを発表しました。なんと、肥満の女性では、乳がんになるリスクは、閉経後では最大2.25倍に・・・ [2015年04月22日]
光診断による、口腔がん発見の協力なツールを導入しました
 日本では先進国で唯一、口腔がんが増加しています。 口腔がんは、直接目で見てそして直接触診して発見可能な癌です。しかし、浸潤性のがんや顎下腺などの唾液腺や口腔と食道の境界など、見にくい部分の癌があることも確かです。    誠敬・・・ [2015年03月31日]
免疫療法
がんの免疫療法の治療成績
 がん治療のいわゆる三大療法とは、手術・抗がん剤・放射線療法です。これらの治療はみなさんにもなじみがあり、保険適応される効果的な治療法です。  しかしながら、これらの治療の欠点は全て・・・ [2015年03月30日]
癌の早期発見の為の検査 その①腫瘍マーカー検査
 誠敬会クリニックでは、腫瘍マーカーの血液検査によるがん早期発見をおこなっています。通常は、癌治療後に再発の指標として使用しますが、当クリニックでは、腫瘍になる前の細胞レベルで予防する概念です。  腫瘍マーカーによるがんの早期・・・ [2015年03月17日]
検索キーワード
検索範囲